#ネイティブキャンプ 学習の記録

ネイティブキャンプのレッスン記録日記です。

4月2週レッスン記録(すでに第3週が終わろうとしている)

もう4月第3週が終わるというのに2週のレポートを書いていませんでした😱

カラン stage4 フィリピン人講師W

最近、カランはW先生が多くなりました。A1先生も受講したいのですが・・・。

W先生は以前までの感想としては、スピードが早くジェスチャー豊富。指摘・訂正はあまりなくてスピード重視という感触だったのですが、レッスン要望機能で「指摘多め」というのを選んでから結構指摘してくれるようになった気がします。最強じゃないですか。🙌🙌

ただし前にも書きましたが、W先生はゆっくり待って生徒に言わせる感じの先生ではないです。「さあ、このスピードについてこい!💨」とばかりに高速スピーチをどんどん進めるシャドーイング的なタイプです。

他のタイプの先生は、なるべく生徒に言わせるように、生徒のペースでスピードを合わせて言わせて、言えなければ少しヒントを出すという先生もいます。遅いから楽そうに思えるかも知れませんが、こちらのほうが自力である程度話せないと、オウム返し状態になって難しいと思います。

どちらが優れているというわけではないですが、私の場合は、待って言わせるタイプはキツくて、シャドーイング的なタイプが気楽です。記憶に頼るよりも強制的、瞬間的に発声するトレーニングと思ってやったほうが今のところはいいかなぁと思います。(待って考えると日本語で考えてしまう)

カラン前の雑談で、「昨晩は家族の誕生日パーティでした」と伝えたら、「オクレバセナガラ、オタンジョウビ、オメデトウゴザイマス」と日本語で言われて「遅ればせながら」って!!私でも使わないような丁寧な言葉を知っててビックリしました。😲

ステージ4が1パラグラフだけ残して時間切れでした。

カラン stage4 フィリピン人講師A

A1先生のカランはお昼休みを利用して受講しました。

「いつも午前中なのに、午後のレッスンはrareですね」と言われました。ハイ。ランチ我慢してます。🍽

相変わらずの、発音のキレイさとシッカリとした指摘で私にピッタリマッチする先生です。

カランのレベルチェックがA1先生で初めて受講したのですが、カウンセラーの紹介の先生がどれも一杯で、自分で良さそうな先生を選んで受けたのがA1先生で、こんな素晴らしい先生を引き当てたのは運命としか思えません。😍

ステージ4の残り1パラグラフを終えて、ステージ3のQuick Stage Revisionも終わりました。次はステージ4のFull Stage Revisionです。

カラン stage3!? FSR フィリピン人講師N

前回、ステージ3のQuick Stage Revisionが終わったので、今回はステージ4のFull Stage Revisionのはずだったのですが、先生が間違ってステージ3のFull Stage Revisionが行われてしまいました。😭

私も全部覚えてたわけじゃないので、「あれ?なんか予習した内容が出てこないぞ?」とちょっと疑問に思ったのですが、少しでも意識の集中が途切れてしまうと、N先生のスピードについていけなくなってボロボロになるので、「もしかしてステージが違うかも知れないけど、今そのことは考えない!」と集中して終わらせました。

終わってからのメッセージをみるとやっぱりステージ3のFSRでした。まあこれはステージ3の復習をしたので悪くないですが、最初の確認時にちゃんと確認しないとダメですね。

先生は「今日はFSRですね?」と言っていたので、Yesと答えたのですがステージ3のFSRのつもりだったとは思いませんでした。😭

フリートーク フィリピン人講師G

G先生とはいちばんリラックスして話ができるので、レッスン回数もいちばん多いです。

お互いにあまり相手に気を使うことなく、「あーつかれた」とか「やる気が出ない」みたいなことをハッキリ言い合えるし、多少、失礼なことも冗談として言い合えるので貴重な先生です。🤝

ダラダラと雑談することもあれば、世界は平等かについて話し合えたりできて有意義でした。

日常英会話中級 フィリピン人講師M

朝のレギュラー先生のM1先生です。

朝はM1先生のグラマーを受けるのが定番になってきました。M1先生とのレッスンはかなりゆっくり目で、ロールプレイをエモーショナルに話すのを目指したり、私もたくさん質問したりするので1レッスンで教材の半分ぐらいしか進んでいません。

でもこういった、ゆっくりじっくりとしたレッスンも悪くないのでM1先生とのレッスンも続けたいと思います。😌