#ネイティブキャンプ 学習の記録

ネイティブキャンプのレッスン記録日記です。

帰省で3日間休みました

カランメソッド stage6 フィリピン人講師A 7.31

カランレギュラーのA3先生です。

昨日は欠勤してしまったようで、謝罪してくれましたが、私は昨日は予約していないので問題ありませんでした。先生、最近体調が悪いのか、そういう欠勤が多くなってきたような気がします。

singの発音が聞き取れず、thingと言ってしまっていて、何度か聞き直してからOKもらいました。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師W 8.1

カランレギュラーのW先生です。

I'm tired. という返答に対して、「トッテモ、チュッカレッテマスカ?」といわれて微笑ましかったです。

先生のカランジェスチャーはまるで手話のようだと思っていたのですが、ほんとに手話から取り入れているそうです😲

初めてみたときも手話かと思って調べたのですが、そんな手話はありませんでした。改めて調べて見るときに、手話もローカル言語だということを思い出してフィリピン手話で調べてみると、情報は少なかったのですが確かに先生のジェスチャーと一致するところがありました。

フリートーク フィリピン人講師J 8.2

いつもスピーキングを受講しているスパルタなJ先生とフリートークを受講しました。

本当はスピーキングを受けるつもりだったのですが、教材変更を忘れてしまいフリートークのまま受講。

「今日はフリートークなんだ!」って言われて「あっ!スピーキングのつもりでしたが、フリートークしたいです!」って感じでフリートークしました。

本の学校のスケジュールは4月〜3月まで一年を通してあり、その中で夏休みや冬休みが一定期間ある感じですが、フィリピンの場合はセメスター単位で授業が完結するのでしょうか。よく仕組みが分かってないですが、1セメスター単位で受講して単位を習得して、最終的に学位を得る感じなのでしょうか。 セメスター間の長い休暇があるというのを聞きました。長い休暇と、集中した短期の授業と私達の大学生活とは全く違う感じに思います。

フリートーク フィリピン人講師G 8.3

レギュラーのG先生です。先生とのフリートークはもう完全にリラックスした雰囲気で、とても友達がたくさんがいるようで、レッスン中にもいろんな人が割り込んできて挨拶していきます。

今回はスタッフのGさん、S先生、

セブのジプニーで強盗にあった人の話を聞きました。セブに行ったときにジプニーに乗るのは危険だから気をつけろ。と忠告されました。昼はともかく、夜はやめといたほうがいい、混雑しているから常に警戒しておくように言われました。 ハイ。。無茶はせずにタクシーにしておきます。

フィリピン独特なブレスという挨拶について教えてもらいました。挨拶というか目上の人に対する敬意の表明でしょうか。 前に他の先生にも少しだけ聞いたことがあったのですが、どっちが額に手をあてるのかイマイチ分かってなかったのをできました。 私と先生があったらどっちが手を出すの?と聞いたら普通の知り合い同士ではやらない。結婚して実家の祖母に対してするとかそのぐらいの目上関係でないとしないそうです。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師W 8.6

しばらく帰省していたので、3日ぶりのレッスンでした。

とても疲れて帰ってきた日だったのですが、深夜のレッスンでとても眠かったです。 先生にも私が眠そうにしていたのが気づかれていたと思います。。。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師A 8.7

カランレギュラーのA3先生です。

A3先生はときどき集中力を欠くことがあると時々書いているのですが、今日がまさにそんな感じでした。

なにか別のことをしている感じで、私に質問の1回目を読んだあとに、2回目を読むまでに間があいたり、回答がすぐに言えない時にも反応してくれずに沈黙が続く…ということが何度かありました。

「あー、またこのダメモードになってる。。。😭」と思ったのですが、その悪いとこを差し引いても取り続けたい良い先生なのも悔しい…。

途中で回線が途切れてしまって、2,3分レッスンが中断してしまいました。もうダメかと思って諦めていて、先生もダメモードだったのでこれは障害扱いでコイン返却されたらそれでもいいかなと思ったのですが復旧しました。

そして復旧後は先生がダメモードじゃなくなっていたので、3分をムダにしたものの悪くなかったです。

Photo by der sich den wolf tanzt on Foter.com / CC BY-SA

2019年7月分のレッスン報告

7月は初めての100回受講超え(107回)と、2ヶ月連続の毎日受講が達成できました🎉 f:id:engonline:20190808121829p:plain:w500

400時間レッスンも目前になってきましたし、1000回レッスンもあと今月達成できそうです。 f:id:engonline:20190808122017p:plain:w400

ただし連続受講記録は、8月はすでに失敗しています。帰省とアウトドアでしばらく外出予定があるので、はじめから8月の毎日受講は諦めてます。

やれる時に、しっかりやって時間数は減らさないようにしたいところです。

フリートーク フィリピン人講師G 7.25

レギュラーなG先生です。

すこし失礼な生徒に遭遇したという話を聞きました。特定をさけるために、ざっくり書くと色々あって急に退室されたと。

「ほんとうちの国の生徒が申し訳ありません…」って頭を下げたいところです。(隣の失礼な生徒の頭を押し下げながら)

私が思うに、ネイティブキャンプは手軽にスマホアプリで英会話ができるっていうのがウリの反面、オンライン英会話をただのアプリ中のだとしか思ってない人がいると思います。 なにも気にせず、「あー自分には合わない先生だからやめよ」みたいに中断するんじゃないでしょうか。

「アプリの向こう側には生身の人間が不安な表情で教えてるんだ。」という意識が薄いんでしょう。面と向かって顔合わせると失礼なことをいったりしないのに、ネット経由でカメラオフだと避難されることもないと考えて、無礼な振る舞いをしちゃうんでしょうか。
カメラをオフにしても、本音は気が合わない先生だと思っても、退室する時に最低限の礼儀はもちたいです。

フリートーク フィリピン人講師W 7.25

いつもカランをとってるW先生のフリートークを今すぐで取れました。ラッキー✋

前日にカランを取ったときは、体調がひどく悪そうだったのですが、今日は元気そうでよかったです。

今日は私が健康診断を受講してきたのでその話をしました。

驚いたのですがW先生やけに医療用語に詳しい。フィリピンは日本のほど健康診断が詳しくやらないと思っていたので、私がうけたチェックについて、ほぼ英語で答えてきたのでビックリしました。

私は医療用語がまったくわからないので、体の部位や行為で診断内容を伝えようとするのですが、それを即座に医療用語で教えてくれるので、前職なんなの?!と思いました。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師W 7.26

昨日に続いてW先生のレッスンです。今回はカランです。

前回は invisible teacher だったW先生ですが、今日は visible teacherでした😂 ステージ6もかなり難しくなってきましたが、まだイケます。

スピーキング フィリピン人講師M 7.27

以前は Grammar のレギュラー先生だったM先生ですが、カランバッジを取ってからは朝に今すぐで取りにくくなってしまってお久しぶりでした。

Grammarは夜にH先生での受講が多くなってきたので、今回はスピーキングでした。

今回はスピーキングで受講したのですが、M先生はスピーキングで受講するよりも文法の方がいいかなと思いました。テキストのとおりに進めるだけであまり面白さがありませんでした。

スピーキング フィリピン人講師J 7.27

スパルタなJ先生とのスピーキングです。

J先生は髪型がコロコロ変わるので、毎回会ってどんな髪型になっているのか面白いです。

ネイティブキャンプのテキストに出てきたのですが、Best friend というのは日本語でいう親友のようなものでしょうか。もっと軽い気持ちでBest friendが何人かいるといったら、何人も!?という感じで驚いていました。なんなんでしょうBest friend。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師B 7.28

キャンペーン無料で初めて受講した先生です。

ハキハキ話してくれる先生でよかったです。夜のカラン先生が不足しているので今後も受講していきたいです。

名前を連呼する先生で、ドキッとしました。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師A 7.28

カランレギュラーで、最近のわたしのイチ推しのA3先生です。

ただし、先生の集中力にムラっ気があります。いいときはすごくいいのですが、なにか集中できないときは、どこか上のそらになってとても残念な教え方になります😅

その短所を補っても有り余るぐらい良い先生なのでずっと受講しています。

特定の曜日の時間に受講すると、そうなるような傾向があるので、なるべくそこは避けるようにしたいです。

今回は時間帯的には危険な時間帯でしたが、休日だったせいかとても良かったです。

スピーキング フィリピン人講師U 7.29

すごく明るいU先生との2回めの受講です。

見た目大人しそうな先生に見えるのですが予想外に明るい先生です。

先生に向かって、朝食は(昼食は、夕食は)食べましたか?と聞かれると、だいたい食べ終わりました。何を食べました?XXXを食べました。

という流れで、 Oh! I envy you! と言われるのが定番で、だんだん食事を答えるのが遠慮したくなってきました😅

カランメソッド stage6 フィリピン人講師S 7.29

ハイスピードなS先生です。

ひさしぶりに受講したのですが、すこし笑顔が増えてゆっくりになった気がします。万人向けの先生になったのかも。

このころ、仕事がものすごく立て込んでて、夜遅くまで会社にいて、カランだけは続けたかったので、会社から受講しました。ネットワークがいまいちですごくやりづらかったです。

フィリピン人先生の生命力たるや

同じ先生を繰り返し受けるようになってから、いつの日付かわからなくなったので日付を併記するようにします。

気を抜くと、すぐに10日くらい経過してる。。。

文法中級 フィリピン人講師H, 7.18

今まで、H先生からはフリートークで進めていたのですが、フリートークで沈黙が続くのが多かったので、文法教材にしてみました。

教材のほうは先生はやりやすかったのか、それともだいぶ先生として慣れてきたのか、すごくハイテンションで、いままでの沈黙はなんだったのかと思いました。

フリートーク フィリピン人講師G, 7.18

G先生の出勤時間の最後の枠だったのですが、すでにもう帰り支度を始めていて、中途半端な時間に今すぐレッスンに入室したので、本来の出勤時間をオーバーする感じに。

これ生徒側からは、例えば「23:00までの勤務だから15分のレッスンになる」みたいに表示されるのですが、先生が変えなければ25分のままになるのでしょうか。 私はそうやって入室してるので23:00までのショートバージョンで構わないのですが、先生は気を使ってオーバーしてやってくれることがあります。

G先生とはもう慣れているのでもう帰り支度を始めていて、同僚のS先生もユニフォームを着てない状態で乱入してのツーショットで最高の画でした。

23:00になったところで「もう退室したほうがいいですよね。」ってさよならしました。👋

スピーキング フィリピン人講師J, 7.19

スピーキングのレギュラーJ先生です。

先生からの呼び方が、例えば「エンゴン」「エンゴンさん」「エンさん」みたいに安定していなくて、(呼び捨てで呼んで!)と思っていたのですが、なんか機会を失ってずっとさん付けが続いていました。「どう呼んだらいい?」と言われたらいつも「エンゴン」みたいに答えるのですが、聞かれないとずっとそのままになってしまいます😞

今回、今さらながら勇気をだして「エンゴンと呼んで」と言ったら、そう呼んでくれるようなりました。ちょっとうれしい😌

スピーキング フィリピン人講師K, 7.19

陽気で面白いK先生と5回目のレッスンでした。

先程のJ先生とのスピーキングはスパルタなのでこちらで鍛えてもらってから、ゆるいスピーキングを求めて、K先生ともう一度スピーキングを受講しました。

冒頭で「今回はフリートークではなく、スピーキングなの?」と言われました😅

今までの経緯で話すと、

スピーキング何度か受講→
フリートーク受講(今回はなんでフリートークなの?)→
スピーキング受講(今回はスピーキングなんだ?)

「フリートークでもいいんです!選んだテキストのことは気にしないで💦」と という感じで毎回理由を求められてアタフタしてしまいました。

実際のところフリートークで終わってしまいました。

フリートーク フィリピン人講師K, 7.20

昨日と引き続き、K先生とフリートーク。スピーキング選んでもフリートークになるので、フリートークにしてみました。

フリートークなら、「少しは話すことを用意してるの?受け身ではダメだ」と言われて準備してなかったので、先生がディベートをしよう!と提案。

テーマ「LOVE vs MONEY」で私はLOVEを、先生はMONEYを。これはMONEYを選んだほうが悪っぽい感じになってやりにくいのではと思いましたが、案の定、私がキレイごとを言い続けて

You love money.

と言うことでLOVEの勝利になりました😂

続くテーマは「book VS. video」で私はVideoを先生がbookを。先生実はかなりの読書家だったらしく、圧倒的な論理で完敗でした。

英語で説明するのは難しいですが、論理的な展開は楽しかったので低い英語力ながらも戦うことはできたと思いました。

フリートーク フィリピン人講師H, 7.20

成長著しいH先生とのフリートークです。

先生が学校で専攻するのはIT系だと聞いて意外な共通点が、私もITの仕事してて「コードを書いたりしてます」というと、目を輝かせて驚いてました。

スピーキング フィリピン人講師J, 7.21

スピーキングスパルタなJ先生です。

冒頭に過去2, 3回分のレビューとしてのスピーキングの質問がされて、それが終わると今日のレッスン。レッスン途中にも過去の質問を時々織り交ぜてきます。気が抜けない!

この回で指摘された単語の間違い。

complaint / compliant です。

complaint は苦情で名詞。文句言ったりクレーム入れたりすることにcomplainって言いますね。

compliant は準拠とか、従順とかの形容詞。名詞のcomplianceは、企業のコンプライアンスとかとかありますね。

微妙なスペルの違いがあったのでわたしの間違いから、両方説明してもらいました。 こういう単語の説明をしてくれたあとで、先に進めてしばらく時間がたってから「苦情はなんていう?」って確認してくるのがJ先生です。気が抜けない…😅

スピーキング セルビア人講師J, 7.21

キャンペーン無料で空いていたのを見つけた初めての先生です。

振る舞いがいかにも先生っぽくて、気が引き締まりました。いつものフィリピン人講師の場合はどの先生も陽気で「Hi!!!!!!!✋」ってハイタッチしてくる感じですが、こちらの先生はキリッとしてて、まさに教師って感じ。

怖いことはないんですが、なかなか最初はナーバスでした。

スピーキング フィリピン人講師U, 7.23

陽気なK先生の友達だと聞いていたU先生を初受講しました。

こちらの先生も陽気😊

最初に、「わたしの名前を知っている」というので、「えっ、もしかしてK先生に聞いた?」といったら「他の生徒で同じ名前の人がいた」とのことで、私自身を知っていたわけではなかったです。

「実は私もU先生のことをK先生に聞いて知ってます」と伝えたら、驚いていました。なんか打ち明けるタイミングがおかしくなっちゃってストーカーみたいになってしまいました😅

カランメソッド stage6 フィリピン人講師W, 7.24

カランレギュラーのW先生です。

先生、めまいがするとかで、体調がすごく悪そうで気の毒でした。

「カラン、ゆっくりでいいから休み休みやりましょう?」と提案したら、急にキリッとなってNo!✋と拒否するので頼もしかったです。


最近思うのですが、フィリピンの先生たちってみんな想像以上に修羅場くぐってて強いんですよ。ふざけて弱音言ったりしてても芯は私達よりめっちゃ強い!

そんな強い先生達に、我々基準での同情なんてある意味失礼かなって思うことがあります。

自分たちが踏ん張って頑張るべきところで、同情の言葉をかけて弱気にさせちゃってはいけないのかなって考えることがありました。

それよりも「頑張って!」と励まします。「ありがとう!」ってパッと明るくなって困難を乗り越える力になれたらそのほうがいいのかなぁと思いました。

もちろん助けを求められたら全力でヘルプしますが、グチってるぐらいなら共感はしても、必要以上に同情しないようになりました。お互い大人ですからね。

Photo on Foter.com

フリートーク、スピーキング、カランで固定化してきた

フリートーク フィリピン人講師H

2回めのH先生です。

2回め受講時に喜んでもらえるとこちらも2回目の受講してよかったと思えます!

先生、待機時間が長くてくつろいでいたのか、入室したら結構慌ていて見てて楽しかったです。

フリートークなのに先生が会話を作ってくれない。

私が頑張って話を切り出して先生がyesとだけ回答。

それで私も会話を繋げることができなくなり、15秒間くらい沈黙が続きました😅ホントヤバかったです。

でもレッスン終わるくらいには、先生も饒舌になってました。

スピーキング フィリピン人講師K

K先生は、なにで受講してもフリートーク長めで、トークが長いことがおもてなしみたいに考えてそうです😄

レビューで「雑談が多すぎる」低評価された😰のを反省して、別の回では雑談を控えていたら、今度は「話をしてくれなくてつまらない」という低評価をもらって、どうすればいいんだー😫って嘆いてました。難しいですよね。。。

今回は先生が次の枠に予約レッスンがあるために、18分だけのレッスンだったのですが雑談を5分ぐらいして「今日は次の予約があって時間がないから、フリートークは残念ですがここまでにしますね😌」と言われて、充分にフリートークしたんだけどなぁーと思いました。

前回のレッスンで野菜が嫌いだという話を聞いたのですが、そのときに先生の友人のAさんは、フィリピン人には珍しく野菜好きだという話を聞きました。

今日は朝食はなしで、「先生の友達の一人は野菜好きで~」という話をし始めたので、「Aさんなんでしょ?」と言ったら、「うん!それでそのAさんがさぁ……えっ!なんで知っているの!?」と気づいて驚いててウケました。毎回Aさんの話が出てきて面白いです。

スピーキング フィリピン人講師J

スパルタなJ先生ですが、今回は面白い一面がありました。

先生が椅子をゆらゆらしながら座っていたのですが、なにか椅子が少し壊れかけてたみたいで、ときどきガタンと音を立てて、先生がビクッとすることが何度かありました。

その中で本当に先生がビックリして倒れかけそうになったので、大笑いしてしまいました。😂

カランメソッド stage6 フィリピン人講師W

カランレギュラーのW先生です。

カラン開始前に先生走って戻ってきたようで、息切れしながら

I'm not ready! 💦

と呼吸を整えていたので、少し私からフリートークを持ちかけて話せました。

文法中級 フィリピン人講師F

はじめての先生です。

開始時に、なにか作業をしてたのを中断したようで、すこし怒ってそうな感じがして怖さを感じましたが、レッスン終了時にはお互い明るく話すことができたと思います。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師A

人気のA3先生のカランでした。

先生、突然「昨日はごめんなさい」と謝罪してきたので何事かとおもったのですが、前日は体調不良で欠勤したそうで、もし予約してたらキャンセルしてしまってスミマセンということでした。私は予約取ってなかったので、影響はありませんでした。

フリートーク フィリピン人講師W

カランレギュラーのW先生ですが、今回は今すぐでフリートークが取れました。

私が「今日は家でリモートワークした日でした」と話したら先生が「その働き方はいいね」というので、「先生もホームベースで働くっていうのはどうですか?」と言ってみたのですが、いろいろな問題から無理そうです。

先生は活発そうな先生だと思っていましたが、結構ガチの登山をするのが好きみたいでした。

フリートーク フィリピン人講師M

朝のレギュラーM1先生だったのですが、最近取りにくくなってて珍しく受講できました。

冒頭に先生が、さん付けで呼んできたので、(あー少し取らないとサンつけに戻ってしまうのかー)と思いました。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師W

今日は遅い時間のレッスンでしたが、先生も眠いと言っていました。

眠いなら眠いと正直に言ってもらえる関係のほうがいいですよね。

先生も無理して頑張る😵、生徒は先生の眠さに気づいてキーッ!と怒る😡、誰もいい思いをしませんよね。。。

先生が本音で疲れたという。あー大変でしたね。でもあと少しがんばりましょう!とお互い励まし合ってやれたほうが、いい気分です。

実際には、W先生はプロフェッショナルで誠実なので、ぜんぜん疲れを感じさせない素晴らしいレッスンでした。

Photo by Paul D'Ambra - Australia on Foter.com / CC BY-NC-ND

一期一会

短期の先生でしたが、お気に入りの先生が辞めたのを見届けたり、新しい先生との出会いも増えたし、一期一会を大事にしていきたいです。

スピーキング フィリピン人講師K

初めての先生でした。イントネーションはクセがある感じでしたが、明るいcheerfulな先生だったので問題ありません。

わたしはコミュニケーションの手段として英語が使えたらいいなと思っているので、キレイな発音だけ聞きたい、話したいわけではなくどんな英語でも聞き取れるようになりたいです。仕事でとか生活で必要といったガチな理由で英語を勉強してないです。。。

開始時に「ちょっと追加要望に書いてあるの読むから待ってください」と言われて、私が書いてある「遠慮なく指摘してください」みたいな文を読んで安心してもらえたようでした。

いつも先生にとってやりやすいなーって思ってもらえる生徒でありたいです。

フリートーク フィリピン人講師G

レギュラーのG先生です。

開始時点で先生が不在で、よくあることなのですが少し待てば戻ってくるので、ゆっくりしていたら、別の先生が急いでやってきて話しかけてきました。

「えっ!😱先生、その席間違ってますよ!」とビックリしたのですが、G先生がキュービクルに戻ってくるのに間に合わず、私とのフリートークならと、友人のK先生を送り込んだのでした。

遅れるのは気にしないのですが、違う先生がきたらビックリしますよ😂

しかもそのK先生が、

Do you remember me?

と聞いてくるのですが、私は覚えておらず(少なくとも受講したことはないはず)、知らないとも言えず、勢いでYes! 😅と言いました。

遅れてきたG先生から名前を聞いて、前にG先生とのフリートーク中に、「この先生はK先生だよ」と紹介してくれた先生だったのかと思います。そういう感じで見ただけだと数秒だけだから覚えてないです。。。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師A

また超人気講師のA先生とのレッスンが予約できてしまいました。

この間観測したのですが、0時になって翌週のスケジュールが見られるようになると、A先生の予約枠が1分で売り切れるようです。

23:59からリロードしながら観察したのですが、50秒ぐらいで1つを残して予約済みになってました。恐ろしい。。。

今回はキャンセルで空いた枠が偶然取れたので選んだ時間ではないですが深夜でした。

レッスン開始時に「W先生がA先生のこと尊敬してるみたいで、よろしく言ってました」と伝えたらビックリしてました。

フリートーク フィリピン人講師M

レギュラーのM先生です。

先生の友達のFacebookアカウントがハッキングされて乗っ取られたという話をしました。

スピーキング フィリピン人講師K

2回目受講のK先生です。

ゴハンに何を食べた?→パンとサラダです。

サラダは何サラダ? vegetable salad? fruit salad?→vegetable salad.

みたいな会話から、フルーツサラダのフルーツについて話しました。

どうも前々から思うのですが、フィリピンの方の感というよりもデザート的なもので、野菜サラダと比較して比べる感じはしないんですよね。

多くの先生から野菜とフルーツを比較して、野菜は嫌いだっていうのを聞きました。 (だいたいの先生が、野菜は苦いから嫌い。フルーツが好きっていいます😅)

さっきのフルーツサラダについて聞いたら、マンゴー、グレープ、アップル、ブコ(ココナッツ)、ウォーターメロン、ピーチなどなどをミックスして、ミルクをいれ、甘いのが好きならコンデンスミルクを入れるという例を聞きました。

完全にデザートにしか思えないのですが😂

フリートーク フィリピン人講師H

はじめましてのH先生です。

正直、H先生は評価が低く、レッスン経験もまだ少ないせいで人気がない感じでした。

でも人気がないと思われた先生も実はみんな評価だけ見て避けてるだけで、その評価も誰か初めのころにつけたもので、それがどれだけ信頼に値する評価なのかはわからないです。

ネイティブキャンプ登録したばかりの先生がたまたま厳しい生徒にあたって低評価をつけられてしまうと、みながその先生を避けてしまいなかなか高い評価には戻れなくなってしまうんです。

そんなスタートダッシュの時期の評価は、今後の生徒からの受講率に大きく影響してしまいます。

長々と書いてしまいましたが、言いたいことは低評価の先生でもいい先生は多いということです。

たしかに、まだ不慣れだったりしますが、ポテンシャルが未知数なんです。そこを3回、4回と受講していくと先生も慣れてきて実はすごい良い先生だったりするんです。そうして発見した先生は、予約もあまり取られない掘り出しモノな先生になります。😅

H先生は最初はすごく緊張している様子でなにも話してくれない😅 私が頑張ってフリートークのネタを話して、先生に会話振ったりしました💦 先生も緊張が解けてきたのか、後半は盛り上がってきました。

今後もH先生を受講していったのですが、この成長度合いはすごかったです。

フリートーク フィリピン人講師M

すごく陽気な先生で、フリートークであまり話せない私でも話しやすかったM4先生です。

前日にフリートークをとったときに、あと2日で辞めることを聞きました。 もともと短期の仕事で次の契約更新はしないということを聞いていたので、ショックは大きくなかったのですが、8月くらいかと思っていたので残念でした。😭

このあいだはフリートークではなく、スピーキングを受けたらすごく励ましてくれる先生で、スピーキングも良いものだと思ったので、もっとM4先生のレッスン受けたかったです。

残り2日間で、この日はその1日目。翌日が最終日ということだったのですが、先生に聞いたら、明日は出勤するかどうか怪しいといっていて、このレッスンが最後になりました。(そして次の日は出勤ありませんでした😭)

短い期間でしたがありがとうございました。

スピーキング フィリピン人講師J

スピーキングの最近のお気に入り講師J先生です。

変な言い方をすれば、先生っぽくないスラングっぽい英語の話し方をするので、他にはない雰囲気で学ぶことができます。

スピーキングの読み上げもいつも心がこもっている生の会話のようにロールプレイしてくれるので、学んでいてとても楽しいです。

例えば今回のテキストでは、ナイショ話しているような絵で「このシチュエーションであなたは何て言うか?」という問題になるのですが、

私の、Please, Don't tell anyone. という回答に対して、顔をしかめてひそひそ声でそれを言ってみてくれます。 あとは回答例に沿って

Don't tell a soul!😨

というのも役者ばりに言ってくれますし、先生自身の回答として友達同士の会話だったらと断ったうえで、

If you repeat this to anyone😠, I'll kill you.👈

だそうです。😱 そんな回答例をカジュアルに出してくるあたりがリアル。

Photo by Jeff Sullivan (www.JeffSullivanPhotography.com) on Foter.com / CC BY-NC-ND

最近はスピーキング教材が楽しくなってきた

日常英会話中級 フィリピン人講師J

すでに4回目の受講のJ先生です。バッジは少なくレッスン回数は少ないのですが、教え方はすごくcheerful👏で良い先生です。発音もキレイなのでカッコいいです。

J先生のことは今後も受講したいと思うのでJ1先生と呼ぶことにします。

日常英会話中級は初めからもどってやり直しているのですが、指摘事項はまだ多いです。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師W

カランレギュラーのW先生。

先日「このあと人気講師のA先生のカラン受けます」と伝えていたので、「どうだった?」という話をしました。

W先生自身もカラン講師なわけで、どちらも素晴らしい先生ですが、その先生を前に他の先生を褒めるのは失礼な気がして、A先生も素晴らしいけど、W先生も負けずに良い先生であると思っていますので頑張って欲しいです。W先生にとっても憧れ的な先生のようでした。

スピーキング フィリピン人講師M

こちらの先生もcheerful👏なM4先生です。

M4先生とは今までフリートークを取っていたのですが、今回はスピーキングです。

スピーキングの教材は以前は結構取っていたのですが、何も話せないことにすごくプレッシャーを感じて、ちょっと距離を置いていました。

リスニング力は向上した気がするのですが、自分から文をメイキングする力はついてないと考え、何度同じの繰り返してもよいからスピーキングも受けよう!と思って再開します。

やってみると、意外にも文を作れてると思いました。助詞や前置詞のミスはありましたが、完璧じゃないにしろ言いたいことは言えてるんじゃないかなと思えて嬉しかったです。

例えば dictionary について説明するという設問。わたしの回答

This is a dictionary. People use it for finding meaning of the word.

そして解答例

This is a dictionary. We use it to find meanings of words and how to pronounce them correctly.

わりとちゃんと答えられたので、良かったです。カラン効果でしょうか。

ちょっと言葉がでないと先生も、めっちゃ気を遣って励ましてくれるのでちょっと気恥ずかしかったです。もっと厳しいくらいが気楽です。。💦

フリートーク フィリピン人講師W

カランレギュラーのW先生。

キャンセルで空いたのか、フリートークを取ることができました。

先生はカランレッスンで予約されることがほとんどらしいですが、先日カランを予約した生徒で、カランなのにずっとフリートークをしてしまって罪悪感があるって言っていました。

先生は心配してレッスンを開始しようとしたそうなんですが、生徒は疲れてたみたいでフリートーク続行を希望したようで、生徒の希望なら先生は罪悪感もたなくていいと思いました。というかなんでカランで予約したんでしょう😅

でもその生徒の気持ちは私も分かりますね。。

カランは終了後にどこまで進んだかメッセージが送られてきますし、先生側からは、前の先生とどのような進捗で進んだか情報が確認できます。それゆえに先生は他の先生に見られることを心配してたみたいです。

カランの後半では、イディオムがでてくるということで、イディオムについて話しました。

a peace of cake 🍰が「簡単なこと」という意味の慣用句になる。

と聞いて、日本にも似たような慣用句がありました。

「朝飯前🍽」

が似た感じかもしれません。

「ケーキ1切れくらい余裕で食べられる」→簡単
「朝ゴハンを食べる前に終わらせられる」→簡単

フィリピンにも似た慣用句があるそうで、「チキン」と言っていました。詳しく聞く前に時間切れになってしまいました。残念。

「鶏肉くらい余裕で1羽食べられる」みたいな感じでしょうか?😂

日常英会話中級 フィリピン人講師M

久々受講のM3先生でした。

M3先生は話すのがスピードが速くて、アメリカのドラマみたいに話しかけてくるのでついていくのが大変です。でも勉強になります。

私が要望メッセージを変更していたことに、先生が気づきました。

以前は「気にせず水とか飲んで」という要望だったのですが、今は「間違いは遠慮なく指摘してください。勉強になるのでどんどん指摘してください」みたいに変えました。 前に書いていた要望の内容を先生は覚えていたので、

「ということは、もう水は勝手に飲んじゃだめってことかな?😂」

というので慌てて「もちろん、水もいつでもどうぞ!💦」と伝えました。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師A

カランレギュラーのA3先生です。いつも発音キレイで憧れます。

スピーキング フィリピン人講師J

新人のJ1先生のバッジが増えてる!?

というのに気づいて、スピーキングを受講してみました。

開始早々、「先生!バッジ増えましたね!スピーキング取れるようになって嬉しいです!」と感謝しました。

以前はスピーキング難しかったのですが、最近はかなり訓練になるテキストだと思ってます。文法や語彙が貧弱でも、素早くリアクション返すのは必要なことだと思います。

回答例のように長い回答はまったくできませんが、最初の1文ぐらいをパッと返答できればいいかなという目標でやってます。

What's the Difference? というタイトルだったのですが、

Pen and Pencil. とか、 Clocks and Watchesのように似たものの違いを説明するという問題でした。

復習タイムでは先生が、今日やってきた問題をランダムに連続で質問してきて、まるでカランのようになりました。😂 しかもテキストでやらなかったモノも、織り交ぜて質問するのでとても勉強になりました。

カランメソッド stage6 フィリピン人講師A

カランレギュラーのA1先生です。

A1先生は、私がカランを初めた時の最初の先生です。今まではずっとNo.1 評価だったのですが、最近ちょっと指導の準備不足ではないかなぁと感じています。

慣れてないテキストを、今読みながら教えているという感じがします。他の教材ならよいのですが、カランの場合はスピードが速いので、その場で考えながらだと、リズミカルに進まないのですよね。

それとちょっと疲れているみたいなんですよね。😞疲れているせいかスピードが落ちている気がします。

素晴らしい先生なだけに、持ち直してほしいです。

Photo on Foter.com

有名講師のカランが受講できた

偶然にも、超人気カラン講師Aの予約が初めて取れました!

そのとき私は stage 5のFSRを2回めをやっていたのですが、有名なA先生のレッスンをFSRで受けるのはなにかもったいない気がして、慌ててFSRを終わらせるべく、1日でカラン3回やりました😅

カランメソッド stage 5 FSR フィリピン人講師A

カランレギュラーのA3先生です。

このときは順調に進んでちょうどstage 5のFSRを終えることができました。ありがとうございました。

カランメソッド stage 6 フィリピン人講師N

高速先生のN先生です。お久しぶりです。

stage 5のFSRをどうしても終わらせたかったため、確実に大量に進めてくれるN先生を予約、投入して終わらせる作成でした。

実際には、この前のA3先生でちょうど終わったのですが、stage 6 daily revisionもできるようにしたいので、stage6も進めてもらえてよかったです。

フリートーク フィリピン人講師W

カランレギュラーのW先生です。

このあと受けるA先生とのカランの前に、オンラインになっていたのを見つけたので、今すぐで受講できました。ラッキー。

「A先生のカラン予約できてこれから受けるんです」と話したら、驚いていました。それからカランのどういう点がよくできているとき、カランレッスンがうまく進むかということを話したりできました。

W先生、「フリートークのときはたまに立って話したいんだ」と伝えてたった状態でフリートークしました。なにか見おろされてる感じがして変でした。😅 仕事のデスクでもスタンドアップデスクとか出てきてますし、立ってレッスンできるのも健康によくていいと思います。 生徒側には特別に影響はないので、いつでも私はしてもらって構いませんね。

カランメソッド stage 6 フィリピン人講師A

超人気講師A先生とのカランでした。

スピードが速い。発音が綺麗。終始笑顔で確かに人気の理由がわかりました。カメラがすこし斜めからの映像になっていたので、向き合って話している感じがしないのがちょっと残念でした。

とれたらまた取りたいです。

フリートーク フィリピン人講師G

超人気なA先生とのカラン終了後に、反省会としてレギュラーG先生とフリートークをしました。

とても疲れていたのですが、やはり笑顔は大事だよね。という結論でした。

Photo on Foter.com