#ネイティブキャンプ 学習の記録

ネイティブキャンプのレッスン記録日記です。

4月1週のレッスン記録

カランstage4 フィリピン人講師N

私がカランを受けている先生陣のなかで、もっとも高速なN先生です。

N先生高速すぎて、パラグラフがめっちゃすすむし、その後の復習が大変になるので、時々しか受けないようにしています。そして人気なので取りたいと思った時にはなかなか取れないです。

M1先生と知り合いなのですが、M1先生に「あの先生は高速ですごい!😮」って言いすぎたせいか、話が伝わったのか、今回のレッスンは遅くなっちゃった気がしました。N先生には私なんぞの意見に合わせずに高速を維持していってもらいたいです。

カランstage4 フィリピン人講師B

初めての先生です。

今回は新しい先生開拓のために、B先生にカランを教えていただきました。 時間の都合の合う先生はなるべく増やしておきたいとおもってます。

スピード、指摘の量も普通の感じで、特に悪いところはなかったのですが、W先生、A1先生のツートップが私に良すぎるので、B先生は継続して取らなくてもよさそうかなという感じでした。(すごい偉そうでごめんなさい!🙏)

フリートーク フィリピン人講師G

レギュラーのG先生ですが、めずらしく🙇 4コマ予約が入っていて、急に人気でた!?と思っていたら、先生に対するトレーニングというのがあるらしく、ネイティブのトレーナーからトレーニングを受けていたようです。

黄色マークの準備中状態のまま維持されるのがトレーニング中らしいことが分かりました。 準備中からずっと変化ないなぁという人がどういうことなのか今までは分からなったのです。

そこで日本人が間違いやすい発音や、それの指導方法について習ったということで、さっそく私に試してもらいました。

textsを私に発音させてみて、「なんだちゃんとできてる」と驚いてました。日本人はテキスツと呼んでしまうけどxのクスのあたりをキスと発音するのは完全に間違いだそうです。

それよく言われていたので覚えてました。なんでtextが日本語でテキストになっちゃったか不明で、テクストだったらまだ通じるのにという感じでした。

日本語についたカタカナ発音が、英語での発音と違いすぎて通じないみたいです。なんでそのカタカナにしたのというのは他にもあるようです。

日常英会話中級 フィリピン人講師M

M1先生の日常英会話中級でした。

前回からの続きで、Exerciseから再開しました。

「できればしたくない」という意味で、would rather not 〜 というのがあったのですが、これは would not rather 〜としないのはなぜか?という質問をしました。

「しない」という回答をもらいましたが、なぜかという説明はちょっと分からなかったです。

2019年3月のレッスン報告

3月は過去最高のレッスン回数、レッスン時間でした。

ただ、3/3にお酒飲んでサボってしまったので、2月のように毎日受講は達成できていません。

6ヶ月間レッスン受講ヒートマップ

だいぶ緑の草原になってます🙌

毎日受講していないまでも、濃厚に受講している日があります。あと水曜日はいつもリモートワークしているので、通勤時間がないぶんレッスンにさける時間が多くて回数が増えてる傾向があります。

f:id:engonline:20190402114635p:plain

なんとか会社でも昼休みとかにレッスンできればいいんですが、ちょっと恥ずかしくてできてません。

でも考えてみました🤔

この会社でのレッスンが恥ずかしいという気持ちを克服できれば?
周りに昼休みにオンライン英会話をやっている人が何人かいたらできるのでは?
周りにやっている人がいたらできるのに、今できないのはなにが違うのか?
英会話やっても別に変じゃない雰囲気や環境を作ることができたらもっと学習時間を作れる。

もちろんやっちゃダメなら仕方ないんですけど、雰囲気だけの問題なら自分から変えられないかな〜?と考え始めています。

「英会話レッスン受けてるの見られるの恥ずかしい」という神経回路を切断できれば、もっとできるのにもったいないのでは?

累計レッスン時間

いつになくハイペースになっています。月末から4月に入ってからはちょっとサボってスピードはもっと落ちてますが、週9.5時間は過去最高です。今までは5〜7h/weekだったので。

f:id:engonline:20190402114624p:plain

なぜそんなにレッスン時間増えているのか?

結局のところ、フリートークです。。。😅

f:id:engonline:20190402115919p:plain

なので、あまり真面目に勉強はしてないです。ただ英語に触れている時間は長かったのですが、学習したかというとしてないです。。。

レッスン回数、レッスン時間だけみると多いと思いますが、多いだけです。。ハイ

宣伝

このレッスン分析グラフは、私が作ったこちらのChrome拡張で作成しています!ぜひお試しください。

chrome.google.com

レッスン報告(ためこんでた ぶん)

ツイッターばかりでブログの更新忘れてました。。。

日常英会話中級 フィリピン人講師M

regularじゃない方のM先生ですが2回目です。こちらのM先生も2回目の受講だしこれからも取っていきたいので、今までのregular M先生はM1先生で、こちらのM先生はM2先生とします。

朝のregular先生はカラン以外は選手不足だったので、どちらもregular先生としてよろしくおねがいします。

M2先生のレッスンは雑談がなく(まだ親しくない?)、サクサクすすむので1レッスンで1教材進みました😅

偶然なんですが、私が紹介した知人もM2先生の受講経験があって、「えー、なんかつまらなかった」と言っていて、割と低評価な感想言っていたのですが、私は結構好きです。

スピーキング3 フィリピン人講師M

そしてこちらはM1先生です。今回はスピーキング3を受けてみました。スピーキング2から進んで3になったのですが、設問自体は前より簡単になったんじゃないかなぁと思いました。

スピーキング2の方は、1つの絵と10個の質問があって、質問に対して解答するという感じでした。 スピーキング3の方は、設問ごとに絵があります。質問文が1つあり、それに対するシチュエーションAパターン、Bパターンで回答する感じです。

シチュエーションの説明があるため、それを使ってしまえばかなり簡単なときがあります。スピーキング2のときは似たようなことをシチュエーションの説明なしで答えてたような。

例えば、困っている人の絵があって、

Why are you so worried?

という質問文に以下の2パターンで回答します。

(A) Answer that you are not sure if you passed the exam.
(B) Answer that you don't know where you left the car keys.

こういう回答の意図をあらかじめ決めておいてくれるのでラクです。 Aの回答として、こう答えられます。

I am not sure if I did well in the exam.

I am not sure if 〜 のあたりは使えちゃうので簡単ですよね。もちろん自分オリジナルの回答の方がベストだと思います。

カラン stage4 フィリピン人講師W

カランregular 先生のひとりW先生です。

早め・ジェスチャー多めでやりやすい先生です。進歩してると褒めてくれました😀

実践発音 フィリピン人講師B

初めての先生です。とてもたくさん指摘をしてもらいました。レッスン要望に「間違いは積極的に指摘してほしい」を選ぶようになったからでしょうか。他の先生もたくさん直してくれる用になった気がします。

私が何度も throw を through と言い間違えてしまい、懲りずに何度も修正してくれました。🙇

カラン stage4 フィリピン人講師A

こちらも、カランregular 先生のひとりA1先生です。

私の知人がカランを始めた時に、A1先生のことを勧めました。知人も私も週一くらいのペースでA1先生のカランを受講しているので、先生も知人にたいしてよろしくと言ってくれました。

今回もこれをやってしまいました。

これ、私ぐらいかと思っていたのですが、ツイッターでの反応みるとわりと皆さんあるみたいですね。。。

Listenぐらいならまだいいのですが、私は先生のQuestionの文まで追従していって、

「エンゴン〜?これはQuestionだよ〜?🤭 少し黙って聞いててね〜?」

みたいに言われたことあります😂

Photo on Foter.com

カラン2レッスン 失敗レッスンのリベンジ

カランメソッド stage4 フィリピン人講師A3

最近不安定だったA3先生とのカランです。前回1パラグラフしか進まず、今回は2パラグラフでした。

レッスン途中に視線を落として何かの操作をしてから再開するタイミングがあったので(推測ですが)スマホをいじってた感じがしました。わたしが回答を言っているのに無反応だったのでちょっと集中していないなと思いました。よく確認してみると、文章も抜けていたしちゃんと聞いてないようでした。

この状況はあまりよくないと思いましたが、先生も完璧ではないのでたまには集中できていない時もあるでしょう。

後半はちゃんと集中してくれていたので、「これ!これこそがA3先生の良さだ!✨」と思いました。

あとnew workが進まない点は、これはA3先生の進め方とわたしの進め方がマッチしてないことが分かりました。A3先生のやり方が悪いわけではなかったです。ごめんなさい🙇

A3先生は待って生徒に言わせる系のカランなので、私が言えてないとスピードが落ちます。

先生が言うのを止める→私が言えないで止まる→先生が一言だけヒントを出す→私が一言だけ言う

A3先生の場合には予習復習をしっかりやって完璧に答えられるぐらいにしないとリズムカルに進みません。ただしちゃんとできた場合に褒めてくれる感じは最高です。あとテキストに100%マッチしてなくても回答として正しければスルーするあたりが上級者向けかもしれません。

別のタイプのW先生やS先生はかなりスピードが速くどんどん先に進みます、私が覚えてなくてもガンガン読み続けて、私が止まっているのが分かると先生は戻って言い直します。

先生が言い続ける→私も言い続ける→私がついて行けなくなって止まる→先生が戻って言い直す

記憶はうる覚えでも構わなくて、ついていくスピードがあれば覚えていなくても全文言えてしまいます。シャドーイング状態から追いつき追い越せを目指します。

暗記が少なくていいW先生タイプの方が私はやりやすいです。できてなくても、やれてる感がでるのもこちらな気がします。でも効果があるのがどちらなのかは分かりません。。。「頭で考えずにまずは真似していくことから自然と身につくのが効率的で良いんだ」という気もしますし「ただのシャドーイングになるなら意味がない、自力で言えてナンボ」という気もします。。。

A3先生とのレッスンは今後も取っていきたいですが、この時間は先生の集中が途切れるようなので別の時間で受けるようにして、わたしも予習復習をもっとしっかりやって受けてみたいと思います。

カランメソッド stage4 フィリピン人講師A1

つづいて別のA1先生とのカランです。

A1先生は、どちらかというと先に読んであとから訂正するタイプです。 特徴的なのが発音の指摘が細かく、文法的にあっていても発音が良くなければすぐさま指摘してくれます。スピードは中ぐらいで発音は超きれい。ジェスチャー豊富です。

リーディングもものすごく集中して、わたしの読む文を聞いていて間違いを指摘してくれます。最高の先生ですね✨。出勤時間が少ない点以外は。。😭

Photo by Joe Shlabotnik on Foter.com / CC BY-NC-SA

笑いのツボ問題

カランメソッド stage4 フィリピン人講師A

最近、スケジュールが合わなくて取りにくくなってたA1先生です。

カラン体験を始めた知り合いにA1先生のことを紹介したら、気に入ってもらえた話を以前書きましたが、「明日A1先生の予約を取れたー」と言うので、「えっ、土曜日に予定開いてた!?」という感じで私も予約。二人連続の時間枠で予約を取りました。

A1先生も私達のことを知っているので、「〜にもよろしく」みたいに言ってもらえました。

A1先生のレッスンは早すぎて止まらない感じではなく、かといって遅すぎもせず私にはちょうどよいタイミングとスピードです。

最近思うのですが、カランは人によってタイミングのとり方が違ったり、予習で完璧にしてから受けるタイプや、先生に引っ張っていってもらうタイプや、人によっていろんな進め方があるようです。なので人気のオススメ先生だから自分に合うとは限りません。

「人気の先生だから、この先生で続けるのが間違いないんだ」と他人の評価だけで判断せずに、自分に合う先生と続けるのがいいかなと思いました。(でも一人の先生に依存しすぎない方がよい)

最近のわたしのカランregular teacherは、A1先生、W先生と、A3先生、N先生です。A3先生はちょっと前までは最高だと感じていたのですが、1パラグラフしか進まなかった時があったのと先生都合キャンセルがあったのでちょっと不安定です。。。

実践発音 初級 フィリピン人講師J

初めての先生です。regular teacherのG先生にこの先生の発音受けたほうがいいよ。とオススメされていたのですが、なかなか予定が合わず、今回やっと今すぐで受けられました。

発音がキレイなのはもちろんなのですが、今まで指摘されたことがないほどに修正されました😅

前回の復習から始まったのですが、そのリンキングサウンドの指摘だけで相当しっかりやっていただきました。

ちょっと長めの文章などでうまく言えなかったところを、一部分ずつ言えるようにだんだん長くしていく教え方が良かったです。ダメな点を一部だけ練習しても文章になると言えなくなることがありますよね。そうはならないための練習になってよかったです。

どのぐらい指摘が多かったかと言うと、チャットログを見ると1レッスンだけなのですが80行以上書いてもらっていました😱

当然のことながらテキストは完了しなかったのですが、同じテーマでこの先生から繰り返し受けると絶対に力になると思いました。

都道府県教材 長野県 フィリピン人講師M

regular teacherのM先生と都道府県教材を受けるのが楽しいです。

今回は長野県です。軽井沢のテラスハウスについての記載があった時に先生はテラスハウスを知っていて「軽井沢の風景を見たことあった、あれが軽井沢だったのか」と言っていました。

私のほうが、テラスハウスをよく知っていなかったのでWikipediaで調べてみて「あー、フィリピンのPBBみたいな感じですか?」みたいに言ったら、ビックリして「PBBを知っているのか😲?」と驚いていました。

M先生が今日はネットを見てたとか、Youtubeを見てたというのは、全部PBBだというので相当人気のようですね。

カランメソッド stage4 フィリピン人W

前回、笑いが止まらなくなってしまったW先生との再レッスンです。

もう先生は私とレッスンをすること自体が、思い出し笑いのトリガーになってしまったようです😂

大笑いしても、復帰してすぐに私にマッチしたカランレッスンを進めてくれるので全く問題ないです。

今回は、

Do people in your country think it’s lucky to see a black cat?

というQuestionに対してunlucky と勘違いして、ついYesと答えてしまい、それに続く回答も

Yes, people in my country think it’s lucky🙄 to see... a black... cat....(あれ逆??🤔)

と途中で気づいて、逆だった??という顔をしていたら、先生が笑いだして、 Do you want to do it one more time? と言ってくれたので、Yes! please. と答えて再チャレンジし、ちゃんとNoで答えることができました。

そこで先生のスイッチが入ってしまったのか、落ち着いて次のパラグラフへと進み、1,2パラグラフ進行したところで、先生が読み始めてる途中に噴き出し、顔を隠してプルプルしてるので、Why are you laughing?😂とこちらも釣られて笑ってしまいました

もしかしたら「不真面目だ!」と思う人もいるかも知れませんが、初めての先生ではないですしすでに何度もレッスンを受講して顔を知っている同士なので、ナーバスになっているカランレッスン中に大笑いできるの私はすごく楽しいです。

Photo by sarah0s on Foter.com / CC BY-NC-ND

真面目なカランの途中で笑いのツボにハマる😝

都道府県教材 フィリピン人講師M

regular teacherのM先生です。

1回ではとても終わらない都道府県教材で新潟県を選択しました。今回も1回では終わらず次回に持越しになりました。

先生は親戚?が日本に行ったときのお土産?で柿の種らしいものを食べたことがあると言っていました。(柿の種ではなくオカキかもしれません)それであまり口には合わなかったといっていました。なるほど。

いろんな人の話を聞く感じでは、フィリピンの人にとって日本の味、醤油や味噌てきな味があまり口に合わないことが多いんじゃないかなと勝手に思っています。

カラン stage4 フィリピン人講師E

こちらの先生は初めてかなと思いきや、半年ほど前に一度、日常英会話で受講した経験がありました。そのときのメモによると「親切に教えてくれてよかった」と書いてありました。カランでの受講は初めてでした。

E先生は、カランではスピードは速くなく、発音がはっきりしていて聞き取りやすい感じの先生でした。カランでは待って生徒に言わせるタイプで私は完全に暗記してから受講するタイプではないので、先生に引っ張っていってもらわないと、ほとんど自分からは言葉がでてこずオウム返し状態になって辛かったです。

頼りすぎるのもの良くないと思いますが、頼らないために予習して暗記してしまうと、もう先生とやらずに一人でできるんでは?という気がしてそれも避けています。

たぶん人によってカランのやり方はいろいろあると思うのですが、私としてはあまり予習をせず(単語の意味ぐらい)、先生に直してもらいながら、かといってシャドーイングにもならずに多少テキストと違う文章でも自分から言えるようになるのが理想かなと思ってます。

なのでニューワークのフェーズで、答えが出てこないのは仕方なくて、そのときは意味や答え方を吸収することに注力しています。

日常英会話中級 フィリピン人講師M

regular teacherでない、初めてのM先生です。

レッスン回数が少ない先生でしたが、他で教えていたのかいかにも先生っぽいふるまいでした。発音もきれいだったし、私の発音を細かく指摘してくれる良い先生でした。

まだ先生自体も手探りなのか進行に手間どってるときもありましたが、英語を教えるスキルはすごい高い先生だと思ったので、今後も受講したいです。もっと出勤してほしい。

カラン stage4 フィリピン人講師W

regular teacherのW先生です。前回のW先生とのレッスン時にはW先生が異常に眠いといっていたのですが、今日は元気そうでした。

このあいだのカランのE先生とは異なり、W先生は待たずにどんどん話すタイプの先生です。私が言えずにストップしてしまうと、ちゃんとそこから言い直してくれるので、自分がどんどん話しながら私がどこを読んでいるかも把握しているすごい先生です。そしてジェスチャーが豊富。

E先生は待たずにどんどん話続けるので、私もシャドーイング状態でついていく形になります。なるべくこれがシャドーイングにならずに被せるように言えるのが理想だと思って頑張っています。

こういうタイプの練習のほうが私はやりやすいのですが、E先生のように自分で考えて答えさせたほうが、瞬間的に発話する訓練になる気もします。

W先生とのカランはリズミカルで楽しいし、文章を暗記していなくてもうっすらとした記憶で話せる気分になっていくのですごくそれが好きです。ただしちゃんと追い越すぐらいの気持ちで話さないと、ただついていくだけになってしまうので、ちゃんと自分の言葉で発言する気持ちは忘れないでいたいです。

今回あった面白いこと。ある質問が聞き取れずわからなくて、私がキョトン😳、先生もキョトン😳で数秒間止まってしまい、先生が吹き出して大笑いしたのですが、それがツボにハマったらしく

先生:😳?
私 :😳?
.........
先生: プクスー🤭!!🤣🤣
私 :え?(いやいや…...ひとの顔見て噴出さないで...😅)
先生:sorry!…🤭 OK! one more time........🤭
先生:🤣

と大笑いしてしまいました。お互いに「えっ?」って顔で「どっち?」みたいになって思い返してみても笑いが止まらないです。

その後も、私の回答に一瞬間があいてしまうと、先生がまた思い出して口元がフルフルしていて、ここで釣られて私も笑ってしまうと本当にツボにハマって戻れなくなると思ってお互いに絶対笑わないように耐えていたと思います😠

Photo by nosha on Foter.com / CC BY-SA

フィリピンでのフルーツについて話した

カランメソッド stage4 フィリピン人講師S

高速系のS先生です。

前回のカランレッスンはA3先生とだったのですが、なぜか進捗がわるくて1パラグラフしか進みませんでした😩。その時のレッスンは私も不満を感じていました。

S先生は、私がよくレッスンをうけるG先生と親しいのですが、G先生とのレッスンの時に、「S先生が『なんで1パラグラフしか進んでないんだ!?』と驚いていた」というのを聞きました。ハイ、私もあの回には少し不満を持っています。

S先生は1パラグラフしか進んでないことに危機感を感じて、今回は8パラグラフの進捗でした。ありがとうございます。

他の先生から見てもおかしい状況だったと知れてよかったです。

私はA3先生のことを評価していて、たまには不調だったときもあるだろうと思っています。また今度予約してみて判断したいです。

都道府県教材 フィリピン人講師G

G先生は私がネイティブキャンプを始めたころからのよく受講している親しい先生です。

都道府県教材で山形県を選択しました。蔵王の雪景色や米沢牛さくらんぼについて話しました。観光についての話のネタが豊富なので話が盛り上がりすぎて、ぜんぜん先に進みませんが楽しかったです。

「日本の牛肉はこんなにも高いのか?」「そんなに高いなら豚肉のほうがいいじゃない」と言われましたが、そんなマリーアントワネットみたいに言われても。。。

「これは高級な牛肉の話で」一般的な日本人にとっても高価なもので私も食べたことはない。普段食べる牛肉はもっと安いという話をしました。

さくらんぼについて、先生は名前は知っているがどういうものか分からないというので、日本とフィリピンについての果物について話しました。

私が知っている普通のフルーツは、フィリピンにとっては普通じゃないことも多く、逆にフィリピンでよく見られるフルーツは知らないものばかりで驚きました。名前すらきいたことがなかったので、世界は広いなぁーと思いました。

いくつか紹介します。Google画像検索のおかげで、簡単に先生とイメージを共有できてほんと便利ですね。

rambutan

見た目は赤いアザミみたいで、実はライチっぽいのでしょうか。

f:id:engonline:20190322112347p:plain

tambis

あかいピーマンみたい

f:id:engonline:20190322112607p:plain

lanzones

これもライチに似てるっぽい気がします。

f:id:engonline:20190322112729p:plain

santol

想像がつかないですが、柑橘系でしょうか??

f:id:engonline:20190322112839p:plain

caimito

スターアップルとかいうのでりんごっぽいのでしょうか。

f:id:engonline:20190322113130p:plain

tiesa

マンゴーっぽい気がする

f:id:engonline:20190322113230p:plain

sargwelas

プラムっぽい?もうググっても見つかりにくい。

f:id:engonline:20190322113553p:plain

star fruit

スターフルーツだそうで、スター系多いですね。これも味が想像つかないです。

f:id:engonline:20190322113720p:plain

dalandan

「ダランダンは当然知ってるよね?」みたいに言われましたが、知りませんでした。似たようなオレンジ系の果物はありますね。

f:id:engonline:20190322113920p:plain

kasoy fruit

kasoy fruitは知りませんでしが、外側に飛び出してる部分が種でそれを割って中にあるのがカシューナッツだそうです!えっ!カシューナッツって果物の種から取れるの!?ピーナッツみたいに土の中から取れると思ってました。

カシューフルーツ自体も果物として食べるものだそうです。

f:id:engonline:20190322114218p:plain

もう都道府県の話から逸れて果物について話し込んだせいで、都道府県教材1つを終えるのに4レッスンもしてしまいました。