#ネイティブキャンプ 学習の記録

ネイティブキャンプのレッスン記録日記です。

Chrome拡張NCSupportのアップデート

Chrome拡張NCSupport、私自身の管理のために作ったものですが、自分のレッスン状態の分析にとても役に立っています。

もうすぐ200時間達成の見込みですが、ここまでモチベーションを維持できているのは、ヒートマップの緑地化活動と、累計レッスン時間の推移のおかげだと思います。特に週間ペースの維持が大事でした。週間ペースは、この坂の一週間あたりの角度に相当します。

f:id:engonline:20190215185811p:plain

Chrome拡張NCSupportについては、こちらの記事で紹介しています。

lets-english.hateblo.jp

アップデート内容

今回は、細かいアップデートなのですが、いままで集計結果がおかしかったところや、痒いところに手が届かなかった点を一掃して修正しました。

ヒートマップの月移動

以前のヒートマップは、現在の当月から6ヶ月間の表示になっていました。

たとえば1月が終わって1月から半年間のカレンダーを見たいと思っても、1月が終わった時には2月になってしまうので、1月の最終日にしか全部塗りつぶされた状態は見られませんでした。

現在はヒートマップの表示月を移動できるようになったので過去の月のカレンダーも見ることができます😌

日付変更時刻の対応

深夜にレッスンを受けると次の日扱いになるのは、生活感覚とギャップがありました。たとえば0:30に受けたものは前日の24:30みたいな扱いで集計してほしかったので、そのへんの集計時間を修正しました。

日付変更時間を3時にすると、3時以降のレッスンを翌日扱いにします。

コース名・教材名の名寄せ

ネイティブキャンプはレッスンを受講する際に、コースで受けるパターンと、教材で受けるパターンのどちらかを選ぶことができます。コースと教材で内容は実質同じものなのに違う名前がついているものがありました。

「Callan Method (カランメソッド)」と「カランコース」などがあります。これが別名でレッスン履歴に残るため、集計のときにも別々に集計されてしまっていました。

f:id:engonline:20190201112014p:plain:w400

実質は同じレッスンなので、これを1つにまとめて集計できるようにしました。

今後の予定

私の半年以上続けたことで受講履歴が増えてきたので、講師1人を軸にしてなにをどれだけ受講したかという履歴が欲しくなりました。そのような機能を作ろうかなと思っています。

  • 講師別レッスン履歴
  • 教材別レッスン履歴

ぜひ試してみてください!

chrome.google.com